詳しく載ってます
 パスタマシンで麺道楽[大森大和]
我が家のパスタマシン
パスタメーカー マザンティー
あると便利です。
生地を切ったり、まとめたり スケッパー 
あると便利
マトファ シリコンマット 
これが美味しい
手打ちうどんの為に開発された『うどん専用粉』うどん専用中力粉めん匠(めんたくみ)
本格的に
日清製粉デュラムセモリナ粉1kg
by 凛

2012年08月14日

パスタマシーンで簡単手打ちうどんの材料と作り方。レシピ。

いつもうどんやパスタの材料は
フードプロセッサーで混ぜ合わせています。

湯だねを作らずにうどんにしてもいいのですが、
湯だねを入れたほうがうどんがモチモチになるようです。



手打ちうどんの作り方。


材料(3〜4人分)


強力粉200g
薄力粉200g (中力粉400gでも可)
お湯100g
水 80〜100g
塩 12g



薄力粉200gと沸騰したお湯100gを混ぜ合わせる。
熱いのでやけどに注意です。

007.JPG

最初はポロポロしていますが、混ぜているうちにまとまってきます。

002.JPG

あら熱がとれるまで放置。
できれば1時間ほど寝かせてください。

これが湯だね。

取れたらフードプロセッサーに入れて軽く撹拌。

003.JPG

その後、粉と塩を入れて全体が混ざるようにまた撹拌。




最後に水を入れて撹拌しまーす。

005.JPG (写真は卵入りです)


水の分量は湯だねの重さを計量し、(湯だねの重さー粉の量)。
これが湯だねによる加水量なので
全体の加水量が粉の45%ほどになるように調整してください。

今は粉の重さが400gなので、全体の水分が180gになるようにね。




例) 湯だねの重さが296gだったら…

296−200 で 96gが湯だねに入っている水分。

最後に 180−96=84gの水分を加えてください。







あとは季節や湿度によっても水分量が違ってくるので
その辺は適当に見極めてください。

006.JPG


ぎゅっと握ったら冷ご飯の固さぐらいになるのが理想です。
と、




あたしの愛する麺道楽に書いてあるんですが、
冷ご飯の固さってどれー!!
その辺も徐々に分かってくるんですかね。




あとはフードプロセッサーの中身をボウルにかえして、
全体をまとめて出来上がりです。
ボウルにかえしたら

007.JPG

ポロポロの状態ですが、ぎゅっとまとめたらまとまります。

008.JPG
(写真は卵入り)


ポロポロだからといって焦って水を加えないようにね。



ホームベーカリーのうどんコースでもできますが、
湯だねを入れる時はフードプロセッサーのほうがうまく混ざりますよー。




我が家のパスタマシンはコチラ↓

↓よければぽちっとしてください
にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
<%blog_name>